慢性疲労症候群(CFS) 入門

慢性疲労症候群の事例

 次の事例はChronic Fatigue Syndrome, Fibromyalgia and Other Invisible Illness
-The Comprehensive Guide by Katrina Berneからの出典です。

事例1:
Janeは活動的で、エネルギッシュな(A型人間)会計士でした。ある朝起きたら、のどの痛みやリンパ腺の圧痛、倦怠感、痛みがありました。彼女はこれらの症状は数日か数週間で治るだろうと思いました。しばらくして彼女は仕事に戻り、極度の疲労感を押して進もうとしましたが、結局、仕事を辞めることになりました。2年後、Janeは1日のほとんどをベッドで過ごしています。もはや家や職場で、以前のような責務を果たすことはできません。ちょっとした家事や基本的な身支度をするにも、おおよそ超人的な努力を必要とします。無理をすれば症状が悪くなります。彼女は集中できないと言い、身体中の痛みをうったえたけれども、彼女の医学的検査はすべて正常でした。


事例2:
14歳のSandraはかつて成績がオールAの生徒でしたが、余儀なく退学をしました。いつも疲労感があり、起き上がることができず、理路整然とものを考えられなくなったからです。彼女は最初、学校恐怖症と診断され、学校に出席することを強いられ、日ごとに具合が悪くなっていきました。いま彼女は1日に2つの授業に出席して、体育を免除され、他の授業については家庭教師が付きました。彼女は学校を楽しみにしていますが、しばしば、数時間でさえ参加できません。




  その他

ページの先頭
inserted by FC2 system